ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.10.10 Friday

10/8 BankART 滞在制作から公演へ!

 
BankARTでの公開制作が始まっている。整然と作品がならぶ展示空間から一つドアをくぐると、むき出しの空間がひろがっている。イントレがそびえ立ち、纏められつつある配線が床を張っている、それが集約するPAブース。そして真ん中の少し開けたスペースで場当たりしながら振りを確認するビルヂングメンバー達。どこか見てはいけないような感もするし覗いている気にもさせる空間。ようするに、舞台裏である状況が、あけっぴろになっているのだ。うん、観客席まである。
えっちゃんこと、近藤惠津子さんが河内さんとやりとりをしながら、自ら制作してきた舞台美術の場所をきめている。舞台空間としては(個人的にみてきた中では)珍しい全面床であり、暖色のライトと、窓からはいってくる柔らかな光の中で、穏やかな気分になりそうなトコロだったけど、本番にむけて静かにテンションを張っているのが感じられる。
公開制作は不思議だ。本番はある意味、見てくれるお客さんとの「見る、見られる」というインタラクティブなやりとりであり、喧嘩であり、セッションだ。しかし公開制作ではそういう感じでもない。どこか無慈悲な視線というようなもの(最も、アートスペースなこともあり柔らかな視線ではあったけど)にさらされている。何やってんだ?こいつら?といったような。職人さんの仕事場や、施行中の建設現場などの場所だったら、着実と進んで行くプロセスの美学のようなものを堪能できるかもしれない。しかし実際、何やってんだ?こいつら?を地でいくのが制作ともいえる。概してサクサクと進んでいくものではないし、雲をもつかむような作業でもあるのだから。しかし休憩中、何度も公演に足を運んでくださっているお客さんとナオトさんが話をしていた。和む。または、おばあちゃんが、「いつ上演されるんですか?」と聞いてきたりしてくれた。こんなこともあるんだと思いながら見ていた。無慈悲な視線も、興味本位の視線も、本番を目撃したい!という好奇心に変えられた瞬間があっただろうとその時思った。
ビルヂング「伸びる伸びる伸びるのビル」本日、公演開始です!
2014.10.08 Wednesday

10/7 Tuesday「伸びる伸びる伸びるのビル」稽古3
















































明日からはBankARTでの滞在制作となる。主宰が仕事の関係+電車乗り間違えという、どっかの誰かのような珍しいハプニングに見舞われた為、イガちゃん、しょごたん、ナオトゥの男面子で開始する。最初、ワンピースの雑談をしながらストレッチをするメンバー。白熱する議論はほとんど少年のような感じで、なんだか不思議かつビルヂングらしいテンションの高め方というか…笑 ナオトゥとイガちゃんのチークダンスに始まり、ショゴタンとイガちゃんのコンタクトの詰めの作業を中心に稽古が進んで行く。写真でみるとまるでプロレス技の応酬みたいだけど、ほんの小さな気づきや支点の変化で、身体を力で振り回すのではなく、あるべき力の流れにそって身体が動いていく、すべっていく様になるのは見応えがあった。「振りまわす」がなんか振り付け用語みたいに感じられてきた…?


途中、主宰が合流する。疲労困憊といった感じで、公演に向けた疲れがたまっている感じだった。それを変に隠すでもなく、悪態をつきながらも気遣うメンバー、聞くべき所は聞きながら、稽古がすすんでいく。


前回の作品の中から拡大してスポットを当てている要素として、「認証」と「自意識」があるように感じた。若者が何かから排除されるでもなく、他ならぬ自意識と対峙し続けて、その迷宮から抜け出せなくなる、あのテーマ。難しい事だと思う。率直にいって、見飽きているともいえるし、しかしやっぱり、無視できないテーマでもある。やる事、やってしまう事自体が恥ずかしいことでもある。どうふみだすのか、あるいはとどまるのか。明日からの滞在制作、ビルヂングの答え方、あるいは問い方を見てみたい。



2014.10.02 Thursday

9/29「伸びる伸びる伸びるのビル」稽古2










今回、ゲストメンバーで参加してくれる新しい仲間が一人いる。ヒロさんこと、酒井大輝。撮影の関係もあって、稽古場で会うより一足先に駅の改札で待ち合わせたのだけれども、ワイルドかつシャープな存在感もあって、一目でその人とわかった。目をひく存在である。それでいて自然体な感じがファインダーごしにもつたわってきて、気持ちのよい撮影ができた。稽古場について、他のメンバーと談笑する様子からみてもビルヂングの空気に馴染んでいる様子がうかがえた(ビルヂング公式アカウントによると初稽古数分で馴染んだとのこと。)ちなみに写真のしょごたんの三点倒立は、ヒロさんがウォーミングアップ中に繰り出した変形三点倒立(写真におさめられなかった、残念!)に挑戦する図である。新入部員に張り合う先輩部員的な…。しかし素直に「それはできないなあ」と認めるのが清々しい…陰で練習しそうだけど…。

制作においては、馴染むはもちろん、早速個性を振りに還元させていた。キレのある跳躍から飛び蹴りのように空間を横断する様が振りにとりいれられる。ワイルドな体育会系。ほんのワンシーンを目撃しただけだが、作品に新しい角度からライトがあてられるのを見た。



Powered by
30days Album